toplogo.jpgtel.jpg

ホームアクセス顕微鏡口腔外科インプラントqa.png

check.png

pickup01.pngpickup01.png

pickup02.pngpickup02.png

pickup03.pngpickup03.png

pickup04.pngpickup04.png

pickup05.pngpickup05.png

pickup06.pngpickup06.png

check_question01.png

親知らずは生えてくる時に歯肉が痛くなることがあります。
また歯肉を噛んでしまって痛くなることもあります。
顎の骨に埋まっている親知らずでも、親知らずの周りで炎症を起こして痛みを出す事があります。
いずれにしても親知らずを抜歯する必要があります。
とにかく歯科でレントゲンを撮ってみましょう。

check_question02.png

歯の中には歯髄といって神経があります。
その歯髄は温度を痛みとして感じるので、虫歯で歯の表面に欠損ができると、冷たいものや熱いもので歯がしみることがあります。
また、歯周病で歯茎が下がっても冷たいものがしみる知覚過敏の症状がでることがあります。

歯の中にある歯髄は、外からの刺激によって炎症を起こすことがあります。
通常は歯に守られていますが、虫歯で歯が欠損すると、刺激が歯髄に伝わったり、虫歯が深ければ細菌感染を歯髄が起こしてずきずき痛いという症状が出ます。

あまり痛いと神経を取り除く抜髄処置が必要になります。また、抜髄処置をしてある歯でも、歯根の先端で感染を起こしている(根尖周囲炎)と、鈍い痛みとして症状がでることがあります。根尖周囲炎が急性症状を出した場合では、夜も眠れないような痛みが出ることがあります。

痛みが気になってきた場合は、ひどくなる前にまずは歯科へ相談しましょう。

check_question03.png

歯周炎がひどくなると歯肉から膿がでることがあります。
また、歯根の先端で感染を起こしている根尖周囲炎の場合ではその炎症が骨を突き破って拡大した場合では、歯肉が腫れたり、膿を出すことがあります。

歯周炎や根尖周囲炎では歯肉が赤く腫れてくることがあります。
歯磨きが届かない場所で部分的に歯肉が腫れることもありますが、睡眠不足や疲れなどで、全体的に歯肉が腫れてきて、壊死を起こすこともあります。
(急性壊死性潰瘍性歯肉炎)

check_question04.png

歯周炎では歯ブラシをすると歯肉から出血してくることがあります。
強くブラッシングすると出血することもありますが、大抵は歯肉炎や歯周炎であることが多く、出血するからといってブラッシングをしないと余計病状が進むことがあります。

まれに白血病などの血液疾患の初期症状として歯肉からの出血があることもありますので、注意が必要です。

歯周炎で歯肉から膿が出たりする場合では、口臭を伴うことがあります。
膿が少なくても、歯周ポケットが深い場合では、慢性的に炎症を起こしているので、口臭の原因となります。
また虫歯がすすんでそこにものが詰まるようになると、食べたかすが口臭のもとになることもあります。

原因を特定し、除去することで症状が改善する場合も多くありますので歯科でチェックしましょう。

check_question05.png

歯根の先端で炎症をおこしている根尖周囲炎では、噛むと痛い、いわゆる咬合時痛が発現することがあります。
根管治療を受けている歯は、その治療が不完全であったり、異物があったり、神経管以外の部分で穿孔していたりすることも珍しくないので、再治療が難しく歯を抜かなければならないこともあります。
根管治療の再治療では顕微鏡視下の治療が大きな効果を発揮することが多く、顕微鏡歯科治療が有効な治療法となります。

歯周炎が進行すると歯がぐらぐらしてくることがあります。歯が沈むように動いていると、ほぼ抜歯となります。
また根尖周囲炎の場合でも、病状が進行したり、急性の場合では歯が動揺することがあります。

check_question06.png

歯と歯の間が虫歯の場合や、詰め物がゆるい場合では食事のあとに歯にものが詰まることがあります。

また歯周病で歯がぐらぐらしている時も歯にものが詰まることがあります。

原因は自分では非常にわかりづらいので歯科で検診してください。

news.png

2014.7.7

Q&Aページを公開、サイトを一部修正しました。

2013.9.21

サイト公開しました!

side01.jpgside01.jpg

side03.jpgside03.jpg

side02.jpgside02.jpg